Return to site

シンプルから複雑をみる

原点の寺子屋で、最近よく例えに出しているのが、ブロッコリーです。

上から見ると、花芽がぎっしり。茎は全く見えません。今、私たちが見ている世界は、ブロッコリーを上から見た状態。細かく細かく枝分かれして、無数の存在で溢れかえっています。その一つ一つの花芽同士の関係性はどうなっているの?パッと見て、わかりませんよね。

でも、ブロッコリーを逆さにしたら、一目瞭然。どんな構造になっているのかが下から見ればすぐわかります。大きな一本の茎があって、そこから枝分かれしているということが。

原点を日常生活に活用するということは、つまり、毎日上から見ていたブロッコリーを、下から見るようにすることです。目の前にあるものは同じ。でも、自分の見方を全く逆にするだけで、今までわからなかった仕組みや関係性が、簡単に見えてくるようになります。

 

つまり、「わからない」ということは「見方が逆だよ」ってことです。

何事も、シンプルから出発しています。

 

「原点の寺子屋」は、本質を捉える力と創造性を引き出し、時代の変化に対応した生き方シフトをお手伝いします。

このブログは、原点を活用した気づきをご紹介しています。新規投稿があった場合にメール通知をご希望の方は、以下の読者登録をしていただくと便利です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly